TEL:03-3988-4855
池袋西口から地下道徒歩 約 5

アクセス方法

地下通路を利用すれば
 雨の日でも傘をささずに
 お越しいただけます♪

  アクセス方法 (徒歩 約 5 分)

・副都心線「池袋駅」
 改札からの道順(地下)を
 映像でご案内いたします♪

  別ページで映像を見る
 池袋西口から徒歩 約 5 分
 〒171-0021
 豊島区西池袋 5-1-3
 TEL 03-3988-4855

駐車場のご利用については、
こちらをご覧ください。


【講師募集】
随時、講師を募集しております。先生のスキルを「とぶかる」で活かしてみませんか?
詳しくはこちらをご覧ください。

Shufoo!

書道
臨書と創作
わたしの「書」を飾ろう

池袋校
古典の臨書を通して、さまざまな書体や書の技法を学びつつ、ご自分で季節の言葉や座右の銘を選び、身近に飾りたい一枚の絵のような作品を作りましょう。

クラス 曜日・時間 受講料
(3カ月分)
教材種別 教材費
月曜(第2・4)10:00~12:00 16,326円 教材費 1,620円
(税込価格)

講師
      • 東京書作展審査会員
      • 加固明子
    • 筑波大学芸術専門学群卒業、中国南京大学留学
      個展14回、二人展1回
持ち物

下敷き、筆(大・小)、墨汁、硯または墨池、半紙、文鎮

カリキュラム

中国や日本の書の古典を毎月1種ずつ取り上げ、その来歴、書体・書風の特徴の解説の後、忠実に半紙に拡大臨書します。いにしえの人の筆運びを追体験しましょう。多種多様な名品の中から、お気に入りの古典を見つけて下さい。
一方、授業の後半では、習った書風を応用し、風物や行事にちなんだ題材で、小品を書きます。家族の集う場に飾ったり、絵手紙のように誰かに送ってもいいでしょう。これらを土台に、いずれは各自がお好きな題材で作品創りをし、スクールロビーでの作品展を目指しましょう。ご希望に合わせてご指導します。

<1~3月>  臨 書                創 作    
第1・2回  草書 『遠宦帖』東晋・王羲之   / 春のきざし         
第3・4回  草書 『元日帖』北宋・米芾    / ひな祭り
第5・6回  行書 『屏風土台』平安・小野道風 / 桜のたより
<4~6月>           
第1・2回  仮名 『寸松庵色紙』平安・紀貫之 / 作品展制作      
第3・4回  楷書 『牛橛造像記』北魏     / 作品展制作
第5・6回  楷書 『雁塔聖教序』唐・褚遂良  / 雨を詠う
<7~9月>     
第1・2回  篆書 『篆書論語』清・呉大澂   / 暑中お見舞い       
第3・4回  篆書 『庾信詩』清・呉譲之    / ひと時の涼
第5・6回  隷書 『史晨碑』後漢       / 名月の詩
※上記と並行して、漢字仮名混じり書の練習をします。


講座の申し込みは電話でも承っております。
TEL 03-3988-4855
【受付時間】
月~土 10:00~20:30
日・祝 10:00~18:00



ページ先頭へ戻る